1.フードサービストラック
用 途  : 機内食工場から機内食カートを運搬、航空機に機内食を搭載するハイリフトトラック
構造と特長:

シザースリンクで昇降する箱型の荷台、車両安定用の油圧ジャッキ、荷台の前には航空機ドアへのブリッジとなるプラットフォ−ムが設けられ、伸長して、荷台から航空機への通路を形成する構造となっています。オプションで保冷装置、プラットフォーム上の起伏・伸縮式の防雨キャノピー、プラットフォーム左右の伸長式3枚ドア構造の防風壁及び地上から荷台への昇降用サイドドアを備えています。
主なモデルは
TLB-8500F型(GVW25t級シャシ架装、最大リフト荷重4,000kg、最高床面高さ8.4m)
TLB-6280F型(7〜12t級シャシ架装、最大リフト荷重4,500kg最高床面高さ6.1m)
TLB-6200F型(8.8t級シャシ架装、最大リフト荷重3,500kg、最高床面高さ6m)
TLB-6100F型(5.5〜7t級シャシ架装、最大リフト荷重3,000kg、最高床面高さ6m)
TLB-6000F
型(軽量型、5.5t級シャシ架装、最大リフト荷重1,500kg、最高床面高さ6m)TLB-6000F〜6280F型は7t級シャシ以下に架装の場合はB737〜B777対応可能です。
TL-450F型(最大リフト荷重1,500kg、床面高さ2.23〜4.5m)

TLB-350F型(最大リフト荷重1,000kg床面高さ2.2〜3.5m)
TLB-LO-6200F型(低高キャブシャシに架装、最大リフト荷重2,000kg、プラットフォーム床面高さ:2.25〜5.95m)
TLB-LO-55F型(低高キャブシャシに架装、最大リフト荷重1,000kgプラットフォーム床面高さ:2.2〜5.5m)
TLB-(6000F〜6280F)-DPモデル(ワンサイドキャブシャシに架装、エンクローズドキャノピー式プラットフォーム付、プラットフォーム床面高さ1.9〜6m)

★最大リフト荷重は登録車の場合、道路運送法の最大積載量及び架装シャシにより制限されます。

最新モデル :
TLB-8500F型は2005年末に開発された世界初のプロトタイプで、2006年就航予定の超大型総2階構造のエアバスA380型機のアッパーデッキ、主翼上U1Rドア対応のフードサービストラックです、ボディ全体が前方に伸張し、プラットフォームが左方向にシフトする構造です。
TLB-8500F型(GVW25典薀轡礇群輿、最大リフト荷重4000Kg、最高高さ8.4m)
TLB-8500F (GVW25t級シャシ架装、最大リフト荷重4,000kg、最高床面高さ8.4m)
          

TLB-6280F 
(7〜12t級シャシ架装、最大リフト荷重4,500kg最高床面高さ6.1m)

              

TLB-6200F  
(7.5t級シャシ架装、最大リフト荷重3,500kg、最高床面高さ6m)
               

TLB-6100F  (5.5〜7t級シャシ架装、最大リフト荷重3,000kg、最高床面高さ6m)
               

TLB-6000F (軽量型、5.5t級シャシ架装、最大リフト荷重1,500kg、最高床面高さ6m)
              

TLB-LO-6200F  
(低高キャブシャシに架装、最大リフト荷重2,000kg、プラットフォーム床面高さ:2.25〜5.95m)

               

TLB-LO-55F ロープロファイルモデル 
(低高キャブシャシに架装、最大リフト荷重1,000kgプラットフォーム床面高さ:2.2〜5.5m)

              

TLB-(6000F to 6280F)-DP
ワンサイドキャブ式と完全密閉キャノピー式モデル

(ワンサイドキャブシャシに架装、エンクローズドキャノピー式プラットフォーム付、
     プラットフォーム床面高さ1.9〜6m)

              

TL-450F   (最大リフト荷重1,500kg、床面高さ2.23〜4.5m)
              

TLB-350F-B  (最大リフト荷重1,000kg床面高さ2.2〜3.5m)
            

製品一覧へ

次車輌へ